2009年09月09日

配偶者に求めること

職場復帰してはや5ヶ月。
スーパーウーマンに近づくどころか、遠のいている気が。
一日一日をなんとか乗り切っている、そんな毎日です。

春から働き始めたママたちが面白いくらい口を揃えて
「夫婦喧嘩が絶えないよー」と言います。
「夫婦喧嘩」というか恐らく一方的に女性が怒っているのだと思われますが。

そんななか、明治安田生活福祉研究所が「30〜50際代の夫婦に関する意識調査」を実施していました。


配偶者に求めることというテーマにおいて、
30歳代の妻は、ほかの年齢層に比べて「育児や子どもと接する時間を増やしてほしい」「家事をもっとしてほしい」と願い、
夫は、「短気・ヒステリーをやめてほしい」という意見が上位にきています。

夫の皆さん簡単です。
育児や子どもと接する時間を増やして、家事をしたら、女性のヒステリーは減るはずです。


気になるのが、40歳代になると上記に挙げた30歳代の妻が求めることの数値がぐっとさがっている点。

これは…
1.夫がいろいろやってくれるようになった。
2.女性側が諦めた。
3.子供が成長して手がかからなくなった。子供が家事を手伝ってくれる。

さてどれでしょう。
1.夫がいろいろやってくれるようになった。であることを切に願います。
 



posted by fuku at 00:19| Comment(38) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。